証券、商品先物取引業 プレスリリース

プレスリリース情報

  • 岩井コスモホールディングス

    給与水準の引上げ(ベースアップ)及びキャリア採用の拡大について

    なお、現在、リスキリングの必要性が強く求められている中、当社グループはかねてより従業員に成長機会を与えるために自律型人材の育成に取り組んで参りました。この「人材育成」と「働き方改革」を中心とした業務効率化の推進による生産性向上の結果、昨今のコロナ禍による厳しい経営環境においても、40 四半期連続(2...

  • 東海東京フィナンシャル・ホールディングス

    静岡県湖西市への『地方創生プラットフォーム』提供のお知らせ-プレミアム付きデジタル商品券事業を支援-

    2. 地方創生プラットフォームの特徴 TTDP が提供する「地方創生プラットフォーム」は、プレミアム付きデジタル商品券事業を始め地域通貨やデジタル地域ポイント、脱炭素化に向けた市民の行動変容、ポータルアプリ等の各事業を1つのアプリで対応し、地方自治体や地域に密着した企業向けに地域活性化や地域の D...

  • マネックスグループ

    【Coincheck NFT(β版)】「MAYC」を11月30日より取扱い開始

    「MAYC」は、2021 年 8 月にローンチされたジェネラティブ NFT プロジェクトで、世界最大級の NFT マーケットプレイス「OpenSea」にてトップクラスの取引額を誇る Bored ApeYacht Club(以下、BAYC)の関連 NFT として発行された NFT です。類人猿をモチー...

  • マネーパートナーズグループ

    「業界初(※)の最狭スプレッド『24時間0.0銭』が米ドル/円・ポンド/円はじめ5通貨ペアで標準化!」のお知らせ

    。すまきだたいを料数手の円01.0 りたあ貨通1はていつに引取渡受、円02.0りたあ貨通1はていつに替両貨外、おな。すで料無は料数手引取。すまりおてし用使を率比定想クスリ替為たし出算が社当てに法方出算の様同と会協業引取物先融金人法団社般一、はてしまきつにアペ貨通いないてし出算を率比定想クスリ替為が会...

  • 東海東京フィナンシャル・ホールディングス

    東海東京証券 「北陸電力株式会社トランジションボンド」引受けのお知らせ

    「北陸電力株式会社トランジションボンド」概要発行体 北陸電力株式会社名称 北陸電力株式会社第 361 回社債 北陸電力株式会社第 362 回社債 (一般担保付)トランジションボンド) ( ...

  • 岩井コスモホールディングス

    岩井コスモ証券株式会社 人事異動に関するお知らせ

    当 社 は 、 2022 年 11 月 18 日 開 催の 取 締役 会 にお い て 、下 記 のと お り 人 事 異 動を 決 議しま し た ので 、 お知 ら せい た し ます 。

  • 大和証券グループ本社

    東邦ガス株式会社トランジションボンド発行のお知らせ

     株式等の売買等にあたっては、 「ダイワ・コンサルティング」コースの店舗(支店担当者)経 由で国内委託取引を行う場合、約定代金に対して最大1.26500%(但し、最低2,750円)の委託 手数料(税込)が必要となります。また、外国株式等の外国取...

  • マネックスグループ

    株式会社 Selan の完全子会社化に関するお知らせ

    Selan は、「学びをボーダーレスに」を企業理念に掲げ、バイリンガル講師による質の高い英 語教育を実施しています。講師は帰国子女や留学生が中心で、ネイティブレベルの英語力に 加えて、海外での生活経験からその地の文化、価値観に通じており、生徒は英語学習を通じ て異なる文...

  • 東海東京フィナンシャル・ホールディングス

    CHEER証券 ポイント株主プログラム『ココカブ』(STOCK POINT株式会社提供)との連携開始

    当社は、経済産業省と東京証券取引所、独立行政法人情報処理推進機構が共同で実施する「DX銘柄」に証券業として唯一、2年連続で選定されました。また、本年5月 23 日に発表した中期経営計画では、従来の「東海東京デジタルワールド」から一段上のフェーズへ引き上げるべく、 ...

  • スパークス・グループ

    当社子会社における調査結果レポートの発表について

    次に、全回答者(1,000 名)に、夫婦円満でいるために配偶者に行ってほしいことを聞きました。 男性(500 名)の回答をみると、1 位は「多少のことは我慢する」(17.2%)でした。夫婦関係を円滑に保つために、多少の問題には目をつぶってほしいと考える夫が多いようです。以降、2 位「スキンシップをと...

  • ウェルスナビ

    オリックス銀行との業務提携に関するお知らせ

    ■ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ) 」の主な特長1. 「長期・積立・分散」の資産運用を自動化世界の富裕層や機関投資家が実践する「長期・積立・分散」の資産運用を、テクノロジーの力で自動化。ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づき...

  • 東海東京フィナンシャル・ホールディングス

    東海東京証券「電源開発株式会社第82回無担保社債(社債間限定同順位特約付)(グリーンボンド)」引受けのお知らせ

    本件グリーンボンドの発行による調達資金は、再生可能エネルギー事業(風力・水力・地熱・太陽光)の開発、建設、運営、改修のための新規投資及びリファイナンスに充当される予定です。 当社は、行動指針「“Social Value & Justice” comes first」を掲げる金融グループとして、金融・...

  • 岩井コスモホールディングス

    岩井コスモ証券 仕組債の勧誘および販売方針について

    当社は、お客様本位の業務運営の実現に向けて、お客様の知識や運用方針のほか、資産状況・投資経験・リスクに対する考え方などに適した勧誘を徹底するとともに、お客様を取り巻く環境や運用目的等が変化することを考慮したうえで、お客様にとって最適な金融商品・サービスを提供すべきであると考えております。個人のお客様...

  • FPG

    リースファンド事業における累計組成額3兆円および累計販売額1兆円突破に関するお知らせ

    当社の商品は、自社グループのシナジーを発揮した商品設計を強みの一つとしておりますが、リースファンド事業においては、国内外の子会社・関連会社と連携し、航空機・船舶・海上輸送用コンテナを対象としたリースファンド事業案件の組成・販売を行っております。 また、近年では、脱炭素社会への移行に貢献するために、環...

  • ウェルスナビ

    「WealthNavi for 十六銀行」の提供開始に関するお知らせ

    ■ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ) for 十六銀行」の主な特長1. 「長期・積立・分散」の資産運用を自動化世界の富裕層や機関投資家が実践する「長期・積立・分散」の資産運用を、テクノロジーの力で自動化。ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づき、厳選した ETF(上場投資信託)を通...

  • 岡三証券グループ

    株式会社マクアケとの業務提携に関するお知らせ

    記1.業務提携の内容および目的 株式会社マクアケは、購入型クラウドファンディングの仕組みを利用し、消費者がいち早く 新商品や新サービスを応援購入できるサービス「Makuake」を運営しています。 「Makuake」は購 入...

  • FPG

    組成用不動産(Premium Asset Series)の取得完了のお知らせ

    今般、当社が取得した不動産は、九州最大の商業地域である天神・大名エリアに所在しております。 本物件の周辺では、福岡市が推進する天神地区に新たな空間と雇用を創出するプロジェクト「天神ビッグバン」に関連して 複数の再開発プロジェクトが進行中であり、今後、さらに魅力あふれた街になると期待されて...

  • アイザワ証券グループ

    あいざわアセットマネジメント株式会社による第3号セカンダリー投資ファンド(Ariake Secondary Fund III LP)セカンドクロージングのお知らせ

    当社は、セカンダリー投資ファンドを通じて、市場に対しては主に以下の二つの機能をご提供いたします。第一に、投資家の皆様が保有している低流動性資産について途中売却という選択肢をご提供します。通常、10年単位の運用期間中での現金化が難しいファンド持分を当社が運用期間中に買い取ることで、既存の投資家の皆様は...

  • Oak キャピタル

    動画情報メディア「Koh-EN TV」第十三弾配信のお知らせ

    「Koh-EN TV」では、株主をはじめ、全てのステークホルダーの皆様に、当社の定量的な現状報告のみならず、定性的な会社の動きや今後の計画、そして、当社の思いや考えをお伝えしてまいります。継続的に視聴者の皆様のご意見等も参考にし、コンテンツ自体もより皆様にとって有益なものとなるよう常に進化させてまい...

  • スパークス・グループ

    「未来創生3号ファンド」ヒト起点で企業のデジタルトランスフォーメーションの推進を支援する株式会社STANDARDへの投資実行

    ■「未来創生(1号)ファンド」、「未来創生 2 号ファンド」および「未来創生 3 号ファンド」の概要 未来創生(1号)ファンドはスパークスを運営者とし、トヨタ自動車株式会社、株式会社三井住友銀行を加えた3 社による総額約 135 億円の出資により、2015 年 11 月より運用を開始しました。最終的...