輸送用機器 プレスリリース

プレスリリース情報

  • セレンディップ・ホールディングス

    日本ものづくり事業承継基金1号ファンドによる勝和産業(株)との資本業務提携についてのお知らせ

    2. 本投資の背景 勝和産業は、1949 年に福岡県筑後市で創業し、1959 年に中空成型、1973 年には現在地に本社工場を新築移転しブロー成型を開始、プラスチック容器の製造を中心とした合成樹脂製品製造業者として、九州エリアを基盤に事業を展開し、業績を拡大してきました。 今回...

  • 豊田合成

    豊かな暮らしに貢献する次世代技術の実証実験をトヨタホームの分譲地で開始

    豊かな暮らしに貢献する次世代技術の実証実験を トヨタホームの分譲地で開始 豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長 兼 CEO:齋藤克巳)は、トヨタホーム株式会社(本社:名古屋市、代表取締役社長:後藤裕司氏)が手掛ける大型分譲地「TOYOTA HOME The FOREST AVEN...

  • 三櫻工業

    人事異動に関するお知らせ

    当社は、2024 年6月1日付で人事異動を実施いたしますので、お知らせいたします。

  • プレス工業

    「国連グローバル・コンパクト」への署名のお知らせ

    プレス工業株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:清水勇生)は、2024 年 5 月 27日付で、国連が提唱する「国連グローバル・コンパクト(以下「UNGC」)」に署名し、UNGC の理念を日本国内で遂行するローカル組織である「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(以下「GCNJ」...

  • 三櫻工業

    量産開始案件のお知らせ

    三櫻工業株式会社では、幅広いお客様に対してグローバルな拡販活動を積極的に展開しています。自動車関連製品の主な量産開始案件についてお知らせいたします。

  • セレンディップ・ホールディングス

    2024年3月期 決算説明会動画公開のお知らせ

    当社は、2024 年3月期 通期決算につきまして、決算説明会動画を下記のとおり公開いたしましたのでお知らせいたします。 記

  • ヨロズ

    マツダ株式会社と共同開発した超軽量ロアアーム製品について

    こうした軽量化及び高剛性が求められる次世代車両に対し、熱延 980MPa 級薄板超ハイテン材を採用し、精緻なプレス成形解析技術をもとに、成形が難しいロアアームへの適用に成功したもので、CO2 排出量の削減に大きく寄与する 23%の軽量化(現行品対比)を実現しております。 また、本製品には、マツ...

  • 豊田合成

    木質バイオ材を活用した「改質リグニン配合プラスチック素材」を開発

    News Release 2024 年 5 月 21 日 ~スギの成分で石油由来材を一部代替~ 木質バイオ材を活用した「改質リグニン配合プラスチック素材」を開発 豊田合成...

  • テイン

    2024年3月期 決算参考資料

    【注意事項】 本資料は発表済の決算内容や業績予想について補足的に説明するものであり、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。今後の業績は前提の変化により予想と異なる可能性があります。 お問合せ先 ...

  • 今仙電機製作所

    ドイツ支店閉鎖のお知らせ

    当社は、2024 年 5 月 13 日開催の取締役会において、現在営業休止中のドイツ支店の閉鎖を決議いた しましたのでお知らせいたします。

  • 豊田合成

    バーチャルPPAを豊田通商と締結

    ~カーボンニュートラル実現に向けた再エネ利用拡大の取り組み~ バーチャル PPA を豊田通商と締結 豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長 兼 CEO:齋藤克巳)は、再生可能エネルギー(以下、再エネ)の利用拡大のため、再エネ調達の契約(バーチャル PPA※1)を豊田通商株式会...

  • 武蔵精密工業

    新規受注等に関するお知らせ

    当社グループはさらなる事業成長の実現に向けて、幅広いお客様に対して積極的な拡販活動をグローバルで展開しています。今期も、注力領域の EV において、戦略商品であるデファレンシャルアッセンブリィや足回り部品の拡大受注を獲得し、順次量産を開始しております。 今期の主な新規受注案件についてお知らせいたしま...

  • 阪神内燃機工業

    人事異動に関するお知らせ

    当社は、2024 年 5 月 13 日開催の取締役会において、下記のとおり決議いたしましたのでお知らせいたします。

  • 阪神内燃機工業

    会社組織変更に関するお知らせ

    2) 部の改廃① 組織名称を組織機能と合致させながら、組織のスリム化と業務効率の向上を図るため、管理 統括本部を経営統括本部に改定し、総務部を発展的に解消する。 企画部の名称を経営企画部と改定し、企画課に旧総務部の管理課の経理機能を合体するとと もに、経営企画部傘下に旧管理課...

  • セレンディップ・ホールディングス

    連結子会社の商号変更及び本店移転の件に関するお知らせ

    セレンディップ・ホールディングス株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長兼 CEO 竹内 在 以下、当社)の連結子会社である高島ロボットマーケティング株式会社(以下、当該子会社)は、下記の通り商号変更および本店移転いたしましたので、お知らせいたします。

  • 三櫻工業

    JR古河駅前のシェアオフィス・コワーキングスペース「COKOGA OFFICE」オープンのお知らせ

    三櫻工業株式会社(以下「当社」 )は、所有施設である古河オフィス(茨城県古河市)を、シェアオフィス・コワーキングスペース「COKOGA OFFICE」としてリニューアルし、2024 年 5 月 6 日より正式に稼働を開始いたしました。 「COKOGA OFFICE」事業は...

  • 豊田合成

    金型の設計・製造拠点の電力をすべて再エネに切り替え

    ~カーボンニュートラルの実現に向けた取り組み~金型の設計・製造拠点の電力をすべて再エネに切り替え 豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長 兼 CEO:齋藤克巳)は西溝口工場(同県稲沢市)で使用するすべての電力を、再生可能エネルギー※1(以下、再エネ)で発電されたグリーン電力に切り替えました。これ...

  • 三櫻工業

    組織変更および人事異動に関するお知らせ

    当社は、2024 年5月1日付で組織変更および人事異動を実施いたしますので、お知らせいたします。

  • 日本精機

    日本精機グループ「企業理念体系」再構築に関するお知らせ

    【企業理念体系図】 当社グループを取り巻く昨今の環境は、新型コロナウイルスの感染拡大や地政学リスクの発生等の影響を受け、これからも様々な環境の変化が予想されます。そして、その変化は大きく、変化のスピードは加速しています。新たに制定した『企業理念体系』では、従来の理念体系を再構築することにより、これ...

  • 松屋アールアンドディ

    環境省「令和5年度二国間クレジット制度資金支援事業のうち設備補助事業」に採択 ?当社ベトナム子会社新工場での太陽光発電システムの導入? 

    (※1)優れた脱炭素技術等を活用し、途上国等における温室効果ガス排出量を削減する事業を実施し、測定・報告・検証 (MRV)を行う事業。途上国等における温室効果ガスの削減とともに、JCM を通じて我が国及びパートナー国の温室効果ガスの排出削減目標の達成に資することを目的とし、優れた脱炭素技術等に対する...