国土交通省「令和2年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」採択事業「(仮称)兜町85プロジェクト」着工

News Release

2020 年 12 月 10 日
報道関係各位
平和不動産株式会社



国土交通省
「令和 2 年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」採択事業

「(仮称)兜町 85 プロジェクト」着工


平和不動産株式会社(代表取締役社長:土本清幸)は「日本橋兜町・茅場町再活性化プロジェクト」の一
環として、東京都中央区日本橋兜町において、ハイブリッド構造(木造および SRC 造)を採用した店舗兼オ
フィスビル「(仮称)兜町 85 プロジェクト」を進めてまいりましたが、今般、計画の概要がまとまりました
ので、お知らせいたします。


本プロジェクトは、SRC 造による 3 層飛ばしのメガストラクチャーの内側に 3 層ごとの木造建築を組み合
わせたハイブリッド構造を採用する 10 階建ての店舗兼オフィスビルであり、平和不動産として木造ハイブリ
ッド構造を採用した第一号プロジェクトです。
SRC メガストラクチャーと耐火木造の組み合わせは高層建築での木材活用の方法やその利点について新
しい可能性を拓き実用的にも耐用年数が長く残っていくものと評価され、木造建築物等に係る技術発展およ
び普及啓発を図ることを目的とした国土交通省の「令和 2 年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)

に採択されました。


平和不動産は、中期経営計画「Challenge&Progress」において街づくりに貢献する会社としてサステナブ
ルな社会への実現を目指しています。本プロジェクトはそのサステナビリティ施策の一環として推進し、社
会課題の解決に貢献してまいります。




※完成予想パース(現時点のイメージであり今後変更の可能性があります)




News Release


1.本プロジェクトの特徴
(1)国土交通省「令和 2 年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)採択事業」
 SRC 造の 3 層吹抜けのメガストラクチャーの内部に木造を内包するというイメージの構造を構築し
ます。当該工法は既存にある耐久性の高いメガストラクチャーにて安全性・安定性を確保し、中の木
造体を一定程度の自由度を保った形で構築できる可能性を示すことにより、今後の木造活用可能性を
社会的に高めるものとして採用しています。また、当該工法を採用することにより、大がかりな木造
体を設けることなく一般レベルでの木質化も可能となり、木に触れあえる内部空間を構築することが
可能です。







(2)「東証上場の森」との連携
 外構には、株式会社日本取引所グループ(以下「JPX」という。
)が社会貢献活動の一環として推進
する「東証上場の森」(*)が所在する秋田県由利本荘市矢島地区の木を使用した「kabulock」(多
種用途に活用可能なブロック加工した木材)によるベンチを設置予定です。ワーカーや来街者、周辺
の皆様に対して木ならではの温かみを提供し、地域における新たなやすらぎの場となることが期待さ
れます(「秋田県産材利用促進CO2 固定量認証書」を取得予定)。
 当社は、JPX の「東証上場の森」保全活動に共感・賛同し、当社の事業において建築資材やベンチ
等で利活用する活動(「Wood プロジェクト」)を通して国内森林資源の有効な循環に貢献し、サステ
ナブルな社会の実現に寄与いたします。




※完成予想パース(現時点のイメージであり今後変更の可能性があります)
(*) 株 式 会 社 日 本 取 引 所 グ ル ー プ は 、 2 0 0 4 年 6 月 、 秋 田 県 由 利 本 荘 市 矢 島 地 区 に 約 5 h a ( 現 在 は 約 7 .3 h a へ 拡 張 ) の

「 東 証 上 場 の森 」 を 設 け、 樹 木 の 成 長 に 市 場 の 発 展 や 魅 力 向 上 な ど の 願 いを こ め 、 保 全 活 動 を 実 施 さ れて い ま す 。




News Release


(3)サーキュラーエコノミーの取り組み
 2015 年 12 月に EU が「サーキュラーエコノミー・パッケージ」と題した行動計画が発表されるな
ど循環型社会および循環型経済活動への関心が高まりつつあります。
 本プロジェクトでは、外部意匠にはコンクリート型枠に杉板型枠を採用し、耐久性を確保しながらも
木を感じる意匠を構築する予定です。また、一般的に型枠として使用後は木目・節が詰まり廃棄され
る杉板型枠を可能な限り繰り返し使用し、使用後は廃棄物とせずベンチ等別の用途に再利用します。
サーキュラー・エコノミーを実践し、循環型社会に寄与するプロジェクトを目指します。




※写真はイメージ



2.持続可能な開発目標(SDGs)について
 国連サミットで 2015 年に採択された 2030 年に向けての国際開発目標「持続可能な開発のための
2030 アジェンダ(SDGs)。本プロジェクトでは、特に以下の 6 つの目標に寄与するものです。





■(仮称)兜町 85 プロジェクト概要
所 在 地:東京都中央区日本橋兜町 8 番 5 号
交 通:東京メトロ東西線「茅場町駅」徒歩 1 分
延 床 面 積:約 296 坪
用 途:店舗、事務所
構 造:木造ハイブリッド構造
規 模:地上 10 階
建 築 主:平和不動産株式会社
設 計 ・ 監 理:株式会社 ADX
施 工:株式会社 ADX
工 期:2020 年 12 月から 2022 年 3 月末日(予定)





News Release


■位置図




【本件に関するお問合せ先】
平和不動産株式会社
開発推進部 伊勢谷 TEL:03-3661-7771





7067

新着おすすめ記事