ウインテスト(株) プレスリリース

半導体(イメージセンサー)、液晶向け検査装置が主力。生産は外部に委託。パワーIC用拡大

プレスリリース情報

  • 当社が総代理店を務めるアンフィオン社のハイエンドスピーカー 2品種取り扱い開始

    Argon0は小型ブックシェルフスピーカーで、デスクトップでの使用、リビングでのテレビ/動画試聴やBGM再生、ベッドサイドにも最適なサイズで後部に配置されたバスレフポートにより、室内反射音響が少ない環境であっても、理想的な3Dサウンドを提供します。

  • 「卒FIT住宅太陽光発電に関する意見交換会」の講演に、当社子会社オランジュ株式会社代表取締役 清水拓也が登壇

    将来の主要電源と位置付けられる太陽光発電を含む再生可能エネルギーが注目を浴びていますが、その一方、それらの設備に対する経年メンテナンスが置き去りにされ、問題が指摘されている状況が続いているなか、オランジュ株式会社は太陽光発電メンテナンス専業会社として、発電設備オーナー様に対し、2010 年より O&...

  • セミコンチャイナ 2019に当社が出展いたします

    「SEMI による世界半導体製造装置市場予測」では、2018 年 621 億ドルの実績に対して、2019 年は前年比4%縮小となるとしていますが、2020 年は 20.7%の成長、719 億ドルと過去最高額を更新するとしています。その中で成長率は中国が55.7%と最大となるとの予測です。

  • 当社取り扱いアンフィオン社の社長インタビューがPHILEWEB誌に取り上げられました

    1、世界のプロ達も認めたスピーカーブランドが考える『ハイファイ』とは?2、CEOアンシ・へヴォネン氏インタビュー3、音楽を聴く行為と創る行為はどうあるべきか4、日本人とフィンランド人の共通するオーディオに対する考えとは?5、どのような家庭内でのシュチュエーションを想定しスピーカーを制作しているのか、...

  • 東証IRフェスタ 2019に当社が出展いたします

    大ホールで行われる会社説明会では、当社役員が事業内容のほか、財務情報や今後の経営計画における成長戦略等をご説明させて頂きます。また、同説明会に加え、出展ブースでは、ミニ会社説明会を開催いたします。

  • 当社子会社による_蓄電池消費率改善技術のライセンス契約締結のお知らせ

    そのような環境下、太陽光発電所の O&M(オペレーションアンドメンテナンス)サービスを提供しております当社子会社、オランジュ株式会社は、このほど効率的な蓄電技術の確立並びに新しい事業への取り組みとして、車載用及び産業用の鉛蓄電池において消費率改善効果実績のある本特許技術に着目、同技術を応用することで...

  • 当社取り扱いアンフィオン社のスピーカー販売出荷開始のお知らせ

    「アンフィオン社」のスピーカーを使い都内各オーディオフェア、セッションイン大阪、そしてプロ機器展示会である InterBEE 等へ出展を行い地道なプロモーション活動を行った結果、数多くのお引き合いを頂けるようになり、このほど都内にとどまらず、名古屋、大阪、福岡をはじめとした大都市圏の販売店様を中心に...

  • 当社開発中の太陽光パネルモニタリングシステムの紹介記事が日経XTECHに取り上げられました

    当社が茨城大学と研究開発を継続している太陽光パネルの部分影による発電効率の低下を防ぐ、部分影補償一体型コンバータ一モニタリングシステムが 2018 年 11 月 29 日付、日経BP社(本社:東京都港区)発行の日経クロステック(WEB誌)に取り上げられました。同システムは太陽光発電所の悩みである部分...

  • 当社開発中の太陽光パネルモニタリングシステム用実証実験場の完成のお知らせ

    このほど、当社茨城大学と研究を継続している太陽光パネルの部分影による発電効率の低下を防ぐ、電力補償一体型コンバータ(完成)に製品化につなげるための保護回路追加、及び当社で開発中のモニタリングシステム並びに、高機能ユーザーインターフェースなどの、実証実験に使用する実証実験場が完成いたしましたので、お知...

  • 当社開発中の太陽光パネルモニタリングシステムが日経新聞に取り上げられました。

    今回取り上げて頂いたのは、横浜市が研究開発を支援する助成金の対象として当社が昨年より開発を開始している「太陽光パネルモニター」の新規性、技術力そして社会貢献性などを評価し「中小企業新技術・新製品開発促進助成金」(略称 SBIR)の対象として採択されたことを受け、取り上げられたものです。

  • オーディオセッション・イン・OSAKA2018に当社音楽事業部「Wefield」が出展致します

    当社音楽事業部ブランド Wefield(ウイフィールド)は、2018 年 11 月 24 日(土)から 25日(日)2日間に渡り大阪市中央区ハートンホテル南船場にて開催されます「オーディオセッション・イン・OSAKA2018」に出展いたします。 今回のオーディオセッションは、オーロラサウンド株式会...

  • 第54回 Inter BEE 2018に当社音楽事業部「Wefield」が出展致します

    当社音楽事業部ブランド Wefield(ウイフィールド)は、2018 年 11 月 14 日(水)から16 日(金)に渡り幕張メッセで開催されます「Inter BEE 2018」に出展いたします。 「Inter BEE」は 1965 年秋、社団法人日本民間放送連盟からの呼びかけでスタートし、当時は放...

  • 「真空管オーディオフェア2018」に参加いたしましたのでご報告いたします

    当社は10月7日(日)と8日(月)2日間にわたり秋葉原損保会館にて開催された、第24回真空管オーディオフェアに当社が、輸入総代理店を務めるフィンランドamphion loudspeaker社のスピーカーを出展いたしました。今回はオーロラサウンド株式会社様(共催)ナイコム株式会社様(協賛)の3社にて共...

  • フィンランドAmphion Loudspeakers LTD.との日本総代理店契約締結のお知らせ

    2.アンフィオンラウドスピーカー社について アンフィオンラウドスピーカー社は、北欧フィンランド中部に位置するクオピオという町に1998年に設 立されました。創業当初からコンシューマ(個人向け)オーディオ用スピーカーの開発販売を手掛け、5 年前からはプロ用スピーカーのマーケットへも参入していま...

  • 平成29年度「横浜知財みらい企業」認定のお知らせ

    2.このたびの認定について 当社は、「知的財産活動への目的・位置付け」並びに「知的財産活動を実践する仕組み」、 そして、「知的財産活動の事業への貢献」等の面から横浜市の評価を受け、一定水準以上の 企業であることから、「横浜知財みらい企業」に認定されました。 なお、今回の「横浜知財みらい企業」認定にお...

  • アドバイザリー契約締結に関するお知らせ

    1.契約締結の背景 当社は、平成 28 年 7 月に新たな成長戦略として、今後の市場拡大が見込まれるロボット分野、電 気自動車分野、IoT 事業分野などの成長市場への新規参入を目的とした、総額8億円の資金調達を実 施しました。 これまで、当社の成長戦略に沿って、国内外の電気自動車企業...

  • 茨城大学とのIoT技術を活用した太陽光パネルの発電効率向上ソリューションの共同開発に関するお知らせ

    2.共同製品開発の内容および期待される成果 茨城大学電気電子工学科の鵜野准教授*2 は、既に太陽光セルの効率的な電力変換が可能な電力 補償統合型コンバータ*3 を開発済みであり、この度、茨城大学と当社は、共同でこの開発技術を 応用し、草木や鳥類糞害等による影を原因とした発電効率低...

  • 大阪大学とのIoTセンサー高精度化へ向けた共同研究開発に関するお知らせ

    1.共同研究開発の背景 今後 IoT センサーは、自動車や輸送機器、産業用ロボット等の自動制御、医療・福祉介護、農業等、 幅広い分野で活用されることが想定されるとともに、センサーを使う計測機器には高精度化が求めら れております。 本共同研究開発では、大阪大学 大学院 理学...

  • 平成28年度 横浜知財みらい企業 認定のお知らせ

    2.このたびの認定について 当社は、「知的財産活動への目的・位置付け」並びに「知的財産活動を実践する仕組み」、 そして、「知的財産活動の事業への貢献」等の面から横浜市の評価を受け、一定水準以上の 企業であることから、「横浜知財みらい企業」に認定されました。 なお、今回の「横浜知財みらい企業」認定にお...

  • 慶應大学との共同開発による、重量キャンセル型搬送装置の試作機完成に関するお知らせ

    3.共同開発したロボットアームの応用分野について 当社と慶應義塾先端科学技術研究センターは、この度共同開発した試作機の「自重補償機構」と、シンプルな構造を今後さらに進化させることで、従来大電力モーターと電源が必要だった産業用や介護用アシスト機器の小型軽量化への進化を今後見込んでおります。 また、...