地域商社「株式会社ブリッジにいがた」への出資について

NEWS RELEASE
報道関係者各位
2019 年 4 月 1 日
RPA ホールディングス株式会社




デジタルレイバーを活用した、新たな地方創生モデル構築へ
~地域商社「株式会社ブリッジにいがた」への出資について~


RPA ホールディングス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:高橋 知道、以下「RPA ホールデ
ィングス」)は、株式会社 第四北越フィナンシャルグループ(代表取締役社長:並木 富士雄)が、
2019 年 4 月 1 日に設立した地域商社「株式会社ブリッジにいがた(以下「ブリッジにいがた」」
) に、
出資したことをお知らせいたします。


現在、日本国内においては、急速な少子高齢化に伴う労働生産人口の減少により、全国の企業で
働き方改革にともなう生産性向上の取り組みを行っています。その取り組みの一つとして、今注目
を集めているのが、RPA(ホワイトカラー業務の自動化を推進する「デジタルレイバー(Digital
Labor))です。



RPA ホールディングスは、
「RPA」という概念すらない 2008 年から「BizRobo!」を提供、豊富な
導入実績を持つ RPA のリーディングカンパニーである RPA テクノロジーズなどを傘下に持つ企業
です。
当社の子会社である RPA テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長:大
角 暢之、以下「RPA テクノロジーズ」
)は、株式会社第四北越フィナンシャルグループに属する株
式会社第四銀行に対して、
「BizRobo!」を提供しており、地方におけるエバンジェリストとしてその
活用の手法、組織への浸透手法は、広くメディアに取り上げられております。


ブリッジにいがたの生産性向上支援事業において、両社が持つノウハウと顧客資産を活用し、新
潟県における RPA 浸透モデルを構築し、さらなる市場拡大を目指します。


RPA ホールディングス、ブリッジにいがたは、この度の出資を通じて、両社のノウハウを共有し
シナジーを最大化させ、新潟県においてより多くの企業、個人にデジタルレイバーを活用する場を
提供し、日本社会・地域の活性化に寄与してまいります。




【報道関係お問い合わせ先】
RPA ホールディングス PR 事務局(イニシャル内) 担当:青山・福田・大塚・鈴木
TEL:03-5572-6062 FAX:03-5572-6065 Mail:RPA_Holdings@vectorinc.co.jp
【「株式会社ブリッジにいがた」について】

株式会社 ブリッジにいがた
商号
(英文呼称:BRIDGE NIIGATA,LTD)

代表者 代表取締役社長 今村 博

本社所在地 新潟市中央区東堀前通七番町 1071 番地 1(㈱第四銀行本店内)
東京都中央区日本橋室町 1 丁目 6 番 5 号 だいし東京ビル 1 階
※10 月より、当社の情報発信拠点として活用予定。
情報発信拠点
9 月までは第四銀行の展示・商談スペース「ブリッジにいがた」と
して使用。
・私たちは信用を重んずる健全な事業活動を通じて、物心ともに豊
かな地域社会の発展に貢献し続けます。
経営理念
・地域社会の課題解決に真摯に取組み、新たな商機と付加価値を創
造します。
・県内産品の県外、海外向け販路開拓支援
事業内容 ・観光振興支援
・IoT 等を活用した生産性向上支援
人員体制
8 名(今後の事業展開に応じ、順次増員を予定)
(除く役員)
資本金 7,000 万円
株式会社 第四北越フィナンシャルグループ(14.3%)
株主構成
株式会社 エヌ・シー・エス(71.4%)
(出資割合)
RPA ホールディングス 株式会社(14.3%)



【会社概要】
■RPA ホールディングス株式会社 (http://rpa-holdings.com/)
・本社所在地 :東京都港区赤坂 1-12-32 アーク森ビル 13F
・設 立 :2000 年 4 月
・代 表 者 :代表取締役社長 高橋 知道
・資 本 金 :2,148,640,555 円
・グループ会社:RPA テクノロジーズ株式会社
RPA エンジニアリング株式会社
株式会社セグメント
リーグル株式会社
オープンアソシエイツ株式会社
株式会社ディレクト




【報道関係お問い合わせ先】
RPA ホールディングス PR 事務局(イニシャル内) 担当:青山・福田・大塚・鈴木
TEL:03-5572-6062 FAX:03-5572-6065 Mail:RPA_Holdings@vectorinc.co.jp

5501

新着おすすめ記事