当社の就労移行支援事業が、国際学会において、社会的企業の成功例として発表されました

2019 年 12 月 10 日
各 位
会 社 名 ウ ェ ル ビ ー 株 式 会 社
代表者名 代 表 取 締 役 社 長 大 田 誠
(コード:6556 東証マザーズ)
問合せ先 取締役副社長兼管理本部長 千賀 貴生
(TEL.03-6268-9542)


当社の就労移行支援事業が、国際学会において、

社会的企業の成功例として発表されました

当社の就労移行支援事業のビジネス・モデルについて、関西大学横山恵子教授及び尾道市立大学後藤祐一准教授
が、アメリカ・サンディエゴで行われた「ARNOVA」※1第 48 回年次大会でポスター発表を行いましたのでご
報告いたします。

※2
表題:A Comparative Study on Organizational Behavior of WISE in JAPAN
- Employment Transition Support in Japan -
(日本における労働統合型社会的企業の組織行動に関する比較分析 ― 就労移行支援事業を事例として ―)
開催日時:2019 年 11 月 23 日~25 日
場所:Sheraton San Diego Hotel & Marina

本発表では、社会的企業に関する先行研究において「社会的成果(Social Performance、SP) 」と「経済的成
果(Economic Performance、EP)を両立させる困難さが議論されているなかで、当社の就労移行支援事業が、社
会的成果と経済的成果を両立させた成功したビジネス・モデルとして取り上げられております。
企業の持続可能な成長のために「ESG」 (環境・社会・企業統治)への配慮が注目されております。『すべての
人が「希望」を持てる社会の実現に向けて』という経営理念のもと、障害者の就労促進に取り組んできた当社にお
いて、ESGのうちの「S」 (社会)のモデル企業として取り上げられたことを、大変名誉に感じるとともに、今
後ともますます障害のある方の活躍の場を創出するために、さまざまな研究・実践活動を継続していく所存でござ
います。




以上



用語説明
※1 「ARNOVA」
(The Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action)は
1971 年に設立された非営利組織及びボランタリー活動に関する国際学会で、学者や教育者、実践家などで構成
されます。48 回を数える今年の年次大会においては、世界 40 ヵ国以上から、817 人の参加者が集いました。
2 「WISE」
(労働統合型社会的企業)とは、労働市場から排除された低技能の就労困難者(失業状態にある若
年者, 障害者、シングルマザー等)に就労・訓練機会を提供し、社会的かつ経済的な自立を支援し、社会的包
摂を目指す事業体を指します。

3599

新着おすすめ記事