滋賀県が発行する「サステナビリティ・リンク・ボンド」への投資を決定

News Release

2022 年 4 月 27 日
株式会社オーケーエム

滋賀県が発行する「サステナビリティ・リンク・ボンド」への投資を決定

~サステナビリティ・リンク・ボンドへの投資を通じて、滋賀県の環境施策に貢献~


各種流体制御バルブの開発・製造・販売を行う株式会社オーケーエム(本社:滋賀県野洲市、代表取締
役社長:奥村晋一、以下「オーケーエム」)は、このたび、滋賀県が発行するサステナビリティ・リンク・
ボンド(滋賀県第 1 回サステナビリティ・リンク・ボンド公募公債、以下「本債券」)への投資を決定し
ました。


■サステナビリティ・リンク・ボンドとは
「サステナビリティ・リンク・ボンド」とは、あらかじめ定められたサステナビリティ/ESG の目標
の達成条件に応じて財務的・構造的に変化する可能性のある債券のことを指します。発行体があらかじ
め定めた重要な評価指標とサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(以下「SPT」)によって評
価され、発行体に SPT 達成に向けた動機付けを与える債券です。
本債券は、ICMA(International Capital Market Association/国際資本市場協会)が定義する「サス
テナビリティ・リンク・ボンド原則(2020 年版)」に適合する旨、株式会社日本格付研究所(JCR)からセ
カンドオピニオンを取得しております。


■滋賀県が発行するサステナビリティ・リンク・ボンドについて
本債券の発行条件と連動する SPT としては「滋賀県庁にて、2030 年度に 2014 年度比で温室効果ガ
ス排出量 50%削減」を設定しています。投資を通じて、滋賀県の SPT 達成に向けた取組みを支援する
ことで、温室効果ガス削減に向けた取組みが推進され、SDGs(持続可能な開発目標)の達成にも貢献する
ものです。
オーケーエムはバルブの製造販売を通じて、環境保全や生態系保護にも取り組んでいます。滋賀県が
発行するサステナビリティ・リンク・ボンドへの投資によって、滋賀県の環境施策への貢献も果たして
まいります。


<本債券の概要>
銘柄 滋賀県第 1 回サステナビリティ・リンク・ボンド公募公債
年限 10 年
発行額 50 億円
利率 年 0.314%
発行日 2022 年 5 月 12 日





News Release


■会社概要
社名 : 株式会社オーケーエム
代表 : 代表取締役社長 奥村 晋一
本社所在地 : 滋賀県野洲市市三宅 446-1
ホームページ : https://www.okm-net.jp
設立 : 1962 年 5 月 31日(創業:1902 年1月)
資本金 : 11 億 7,819 万円
従業員数 : 連結:326 名、単体:233 名 ※2022 年 3 月末時点、臨時従業員を除く

連結売上高 : 8,759 百万円 ※2021 年3月期

上場証券取引所 : 東京証券取引所スタンダード市場(証券コード:6229)
事業内容 : 工業用、建築用、船舶用等各種バルブの開発・製造・販売


<オーケーエムについて>
オーケーエムは、1902 年創業の百年企業で祖業は木挽鋸の製造業でしたが、1952 年より「バル
ブ」専門メーカーに転換しました。空調設備、船舶、半導体、石油、化学、鉄鋼、電力、水道、食品
など、あらゆる配管の流体制御に使われるバルブを製造しています。型式・サイズ・材質などの組み
合わせにより、顧客の個別ニーズに合わせて 10 万種類以上のカスタマイズが可能です。
近年では、SDGs の取組の一環として、船舶排ガス用バルブやバラスト水処理装置用バルブ等の販
売により、環境保全や生態系保護にも尽力しております。その成果が認められ、2020 年 6 月に経済
産業省より「2020 年版グローバルニッチトップ企業 100 選」に選定されました。また、2020 年 12
月には東京証券取引所市場第二部(現 スタンダード市場)への新規上場を果たしました。


■バルブ(弁)とは
主に配管などの内部を通す空気やガス等の気体、水や油等の液体、あるいは粉体等の流体が通る空間
の開閉や流体の制御および調節等ができる可動機構をもつ機器の総称です。


■各種認定ロゴマーク




【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社オーケーエム 経営企画課 森川・奥村
TEL:077-518-1260(代表) MAIL:prir@okm-net.co.jp
※掲載情報は、発表当時の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。





5322

新着おすすめ記事