栄研化学(株) プレスリリース

臨床検査薬大手。便潜血検査試薬(OC)はシェア6割超。尿検査(ウロ)、遺伝子検査も育成

プレスリリース情報

  • 検診や健康に関する情報発信の場としての「imakara,pjt」ウェブサイト公開

    当社は、“ヘルスケアを通じて人々の健康を守ります。”の経営理念のもと、「EIKEN ROAD MAP2030」において、 「医療課題の解決」をマテリアリティの一つとして掲げております。当サイトが、一人でも多くの方にとって、健康への意識向上に役立ち、検診を受けるきっかけになることを願っ...

  • 温室効果ガス排出量削減目標の上方修正およびSBT(Science Based Targets)認定取得に関するお知らせ

    当社グループは、2022年4月に公表した「EIKEN ROAD MAP 2030」において、「気候変動への対応」をマテリアリティの一つとして掲げ、具体的な目標を定めて計画的・継続的に取り組みを進めております。主要生産・研究拠点である野木事業所および生産拠点である那須事業所では、省エネ活動に加え、発電...

  • 経済産業省の「健康経営優良法人2024(大規模法人部門)」に認定

    健康経営優良法人制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。 栄研化学は、すべての従業員が毎日健康で元気に働くことができるよう、2019 年 8 月に【健康経営宣言】をいたしまし...

  • 第27回 秩父宮妃記念結核予防功労賞(国際協力功労賞)を受賞

    【TB LAMP】 遺伝子増幅技術 LAMP(Loop Mediated Isothermal Amplification)法を使用した高感度で簡易な結核菌群検出検査システム。本法による検査時間は、生の喀痰検体からの核酸抽出に約 10 分、増幅反応が約 40 分であり、結果の判定は紫外線照射装置...

  • CDP2023「気候変動」において「Bスコア」に認定

    【CDP について】 CDP は、企業や自治体の環境情報開示のための世界的なシステムを有する国際的な非営利団体 です。2000年の設立以来、CDPは資本市場と企業の購買力を活用することで、企業が環境影響 を開示し、温室効果ガスを削減し、水資源や森林を保護することを促進する取組みを先導してき ...

  • 「えるぼし」認定で最高位である3つ星を取得のお知らせ

    「えるぼし」認定は、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(通称:女性活躍推進法)に基づいた行動計画の策定、届出を行った企業のうち、女性活躍推進に関する状況が優良な企業を厚生労働大臣が認定するものです。 「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」 ...

  • 公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)への参画のお知らせ

    GHIT Fund は、日本政府、民間企業、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、英国ウェルカム財団、国連開発計画が参画する日本発の国際的な官民ファンドであり、日本と海外の研究機関の連携を促進し、開発途上国で蔓延する感染症に対する治療薬や診断薬等の開発を推進しています。

  • 厚生労働省「歯周病等スクリーニングツール開発支援事業」に採択

    この課題解決に向け、当社は「歯周病リスク評価ツール」として、唾液中のヘモグロビンを簡易測定できるスクリーニングツール(以下、「唾液中ヘモグロビンキット」 ※1という。)および歯周病原細菌由来成分に対する血中抗体価測定試薬(以下、「血中抗体価測定試薬」※2 という。)の開発を進めております。 「...

  • 総合研究センター北棟(新研究棟)が「2023年度グッドデザイン賞」を受賞

    【評価コメント】 通常のオフィスとは異なり、企業の研究施設は実験エリアと事務エリアという二つの機能 を持つ。この特異なポイントに注目し、研究室ならではの平面計画と断面計画を模索して いる点を、評価する。具体的には、セキュリティの区画が要求される異なるエリアを、吹 き抜けを活...

  • 当社初の統合報告書「栄研化学 統合報告書 2023」公開のお知らせ

    栄研化学株式会社(本社:東京都台東区)は、本日、財務・非財務情報を統合的に報告する 「栄研化学 統合報告書 2023」を、当社ウェブサイトにて公開しましたので、お知らせいたし ます。

  • 執行役の異動に関するお知らせ

    当社は、本日開催の取締役会において、下記のとおり執行役の異動を決議いたしましたので、お知らせいたします。

  • 体外診断用医薬品「OCーカルプロテクチン‘栄研’」使用目的適用拡大のお知らせ

    能となります。非侵襲的な便からの検査が可能になることにより、内視鏡検査による患

  • G7保健大臣会合にグローバル・ヘルス推進企業として参加

    G7保健大臣会合は、G7サミットの閣僚会合のひとつで、グローバル・ヘルスを中心に保健分野の課題について議論するものです。本会合において、G7の保健大臣により、世界の誰もが適切な医療を支払い可能な費用で受けられる体制づくり「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC) ...

  • コンパニオン診断の受託検査事業の発足および「栄研化学クリニカルラボラトリー」新設のお知らせ

    す。また、そのための施設として、この度、当社野木事業所の一部エリアを衛生検査所

  • 新人事制度の導入および人財への投資拡大のお知らせ

    当社グループは、 「ヘルスケアを通じて人々の健康を守ります。 」という経営理念のもと、世界の人々の健康・生命を守る製品・サービスの提供を通じて社会に貢献するために最も大切な財産は従業員と考え、経営構想「EIKEN ROAD MAP ...

  • 経済産業省の「健康経営優良法人 2023(大規模法人部門)」に認定

    栄研化学は、すべての従業員が毎日健康で元気に働くことができるよう、2019 年 8 月に【健康経営宣言】をいたしました。会社と従業員が連携した健康経営推進体制を構築し、様々な制度を設けております。経営理念である「ヘルスケアを通じて人々の健康を守ります。」を実現するため、栄研化学は今後も健康経営を推進...

  • 第13回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞にて「審査委員会特別賞」を受賞

    栄研化学株式会社(本社:東京都台東区)は、第13回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞において、「審査委員会特別賞」を受賞いたしました。 「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞は、人を大切にする経営学会、「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞実行委員会、法政大学大学院中小企業研究所が主催し、企業が...

  • 「パートナーシップ構築宣言」を公表

    栄研化学株式会社(本社:東京都台東区)は、このたび、一般社団法人日本経済団体連合会会長、 日本商工会議所会頭、日本労働組合総連合会会長および関係大臣(内閣府、経済産業省、厚生労働 省、農林水産省、国土交通省)をメンバーとする「未来を拓くパートナーシップ構築推進会議」の趣 旨に賛同し、「パートナーシッ...

  • TCFD提言への賛同表明及び情報開示について

    近年、 気候変動は大きな社会経済リスク及び機会をもたらす要因の一つであり、世界中の政府や企業において、脱炭素化の動きが広がっています。 当社グループは、自社の持続的成長と持続可能な社会のため、気候変動を重要な経営課題と捉え、サステナビリティ重要課題(マテリアリティ)のテーマに「地球環境と調和した事...

  • FTSE Blossom Japan Sector Relative Index 構成銘柄に初選定

    グローバルインデックスプロバイダーである FTSE Russell により構築された FTSE BlossomJapan Sector Relative Index は、各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するインデックスで、セクタ...