インドネシア 「シニアリビング ダ・カヤンガン」に新たなスポーツ施設を設置

ロングライフホールディング株式会社(4355:JASDAQ)
代表取締役社長 遠藤 正一


各 位 平成 29 年 3 月 30 日



インドネシア「シニアリビング ダ・カヤンガン」に
新たなスポーツ施設を設置



当社のグループ会社である PT.Jababeka Longlife City が運営する高齢者向け住宅「シニアリビング ダ・
カヤンガン」内にゴルフ練習場、プール、ジムなどのスポーツ施設を新たに設置しました。
パター専用のゴルフ練習場は 100 ㎡の広さで、併設しているゴルフ場も利用できます。プールは縦 50m、
横 50mの広さで、全ての施設においてスタッフがインストラクターとなり、お客様をサポートします。

【背景】
近年、インドネシアでは生活習慣病や肥満が増加の傾向にあり、特に日本の経済産業省が 2016 年 3 月に発
表した「医療国際展開カントリーレポート」によると、死因別の疾患では生活習慣病が起因するものが上位を
占めていることから、シニアリビング内でもお客様が気軽にスポーツを楽しめる環境作りをし、生活習慣病や
肥満予防に力を入れています。




50mのプール シニアリビング内のパター練習施設

三共梅田
ビル

Senior Living @ D' Khayangan
Jl.Taman Golf Timur 1 No.100
The Care Center Senior Living @D’Khayangan Jababeka Residence,
Kota Jababeka,Cikarang Bekasi 17550,Indonesia




【本件に関する問い合わせ】
ロングライフホールディング株式会社 広報室
TEL:06-6373-9191/FAX:06-6373-9197
http://www.longlife-holding.co.jp

2273

新着おすすめ記事