抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」の臨床試験および製造を支援し、新型コロナウイルス感染症患者への早期提供に貢献

2020 年 4 月 23 日
報道関係各位
シミックホールディングス株式会社


抗インフルエンザウイルス薬「アビガン®錠」の臨床試験および製造を支援し、
新型コロナウイルス感染症患者への早期提供に貢献


シミックホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:中村 和男)は、
富士フイルム富山化学株式会社が保有する抗インフルエンザウイルス薬「アビガン®錠」
(一
般名:ファビピラビル)
(以下、
「アビガン」)の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患
者を対象とした国内臨床第 III 相試験において、CRO(医薬品開発受託機関)として、モニタ
リング業務を提供しております。
また、CDMO(医薬品製剤開発および製造受託機関)として、
「アビガン」の製造を支援す
ることとなりましたので、お知らせいたします。


現在、本剤は国内外において新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬候補の 1
つとして、患者様を対象とした臨床試験が行われております。また、日本政府は、COVID-19
が世界中で拡大する中、緊急経済対策の 1 つとして「アビガン」の備蓄量を 200 万人分*まで
拡大することを決定しております。
このような背景の中、シミックグループは、傘下の CRO であるシミック株式会社において
臨床開発を支援します。また、CDMO であるシミック CMO 株式会社の国内主力工場におい
て「アビガン」を製造し、富士フイルム株式会社の「アビガン」の増産に協力していきます。


シミックグループは、新型コロナウイルス感染症に苦しむ人々の医療と健康へ貢献すべく
製薬企業および医療従事者の方々を支援してまいります。シミックグループは製薬企業のバ
リューチェーンを網羅する独自のサービスモデル「PVC: Pharmaceutical Value Creator」
を駆使し、以下のような新型コロナウイルス感染症関連業務においても幅広く貢献してまい
ります。


■新型コロナウイルス感染症に関する治験・臨床研究への主なサービス内容
・治療薬・ワクチンの治験、臨床研究に関するコンサルティング、モニタリング、データ
マネジメント、統計解析、メディカルライティング、ファーマコヴィジランス、監査・
信頼性保証など
・疾患データベース構築・運用
・CRO 業務に関する蓄積された経験や知識をもつ専門職人財の派遣
・医療機関における治験、臨床研究のサポート(SMO<治験施設支援機関>として実施)
■新型コロナウイルス感染症に関する治験・臨床研究のお問い合わせ
E メール:covid-19info@cmic.co.jp
電話: 03-6625-5207 (9:00-17:00、月曜日~金曜日)


* 一般社団法人日本感染症学会の「COVID-19 に対する抗ウイルス薬による治療の考え方」に準拠した、「ファビピラ
ビル」の投与方法(1 日目 1,800mg/回×2 回、2 日目以降 800mg/回×2 回、最長 14 日間)をもとに算出。




■「アビガン®錠」について
富士フイルム富山化学が開発し、2014 年 3 月に新型又は再興型インフルエンザウイルスを
適応症として国内で製造販売承認を取得した抗インフルエンザウイルス薬です。既に日本政
府は、新型インフルエンザに備えて「アビガン」を備蓄しています。


■シミックグループについて
シミック(CMIC)は、1992 年に日本で初めて CRO(医薬品開発支援)事業を開始し、
今では開発から製造、営業・マーケティングまでの医薬品に関する総合的な支援業務を提供
しています。現在、シミックグループは、日本で最大級の CRO であると同時に、医薬品開
発、SMO(治験施設支援)、臨床から GMP に準拠した医薬品製造、薬事コンサルティン
グ、そして営業およびマーケティングソリューション等における包括的なサービスを提供し
ています。また、製薬・バイオテクノロジー・医療機器の企業の日本市場参入や、アジアで
の臨床試験実施、米国、ヨーロッパ、日本やアジア各国における医薬品開発および製造のサ
ポートなども積極的に行っております。シミックグループは、世界中に 7,000 人を超える
従業員と約 25 支社・関連会社を擁しています。詳しくはホームページをご覧ください。
https://www.cmicgroup.com




【報道関係からのお問い合わせ先】
シミックホールディングス株式会社 PR グループ
E-mail: pr@cmic.co.jp

5227

新着おすすめ記事