鳥形山鉱業所 第3立坑の竣工に関するお知らせ

2024 年 7 月 1 日
各 位
会 社 名 日 鉄 鉱 業 株 式 会 社
代表者名 代表取締役社長 森川 玲一
( コ ー ド 番 号 1515 東 証 プ ラ イ ム )
問合せ先 広報・IR 課長 重田 盾子
( TEL 03-3284-0518)

鳥形山鉱業所 第 3 立坑の竣工に関するお知らせ

日鉄鉱業株式会社(本社:東京都千代田区)は、鳥形山鉱業所において第 3 立坑*を竣工
いたしましたのでお知らせいたします。
*立坑:垂直に掘削された坑道で、鳥形山鉱業所ではここに大型破砕機を設置して石灰
石を 80mm 以下に破砕している。


鳥形山鉱業所の概要および工事の目的
鳥形山は高知県の西部に位置する当社の主力石灰石鉱山で、高品位品を年間約 1,300 万
トン生産。国内トップクラスの生産規模を誇っています。
採掘された石灰石は、出荷設備のある海岸まで約 23km の長距離ベルトコンベアで運搬
された後、選鉱・船積み工程を経て国内外に出荷されます。
この度の第 3 立坑の工事は、既存設備の第 1、2 立坑を補完して採掘可能年数を伸長さ
せることを目的としたものです。埋蔵されている石灰石を余すところなく採掘すること
で、長期かつ安定的な供給を可能にします。


鳥形山鉱業所長のコメント
本工事は約 200 億円を投じ、7 年をかけて進めてきました。途中、台風などの影響を受
けて計画遅延があったものの、皆さまのご協力により、無事竣工にこぎつけました。
今回の工事は 10 年後を見据えた成長戦略にある「各鉱山の収益最適化」や「最適生産
体制の構築」に資する取り組みの一つです。
鳥形山は、高品位石灰石の生産、充実した海岸出荷設備を擁すなど、海外への供給にも
適しています。他鉱山も含めて生産・供給を最適化して鳥形山の供給余力を確保し、それ
を輸出に振り向けるなど、今後もグローバルな長期安定供給をめざします。
鳥形山鉱業所 切羽(実際に鉱石の採掘が行われる最前線)




第 3 立坑 破砕機
竣工式での代表取締役社長 森川によるご挨拶の様子



鉱山内における保安管理のため、原則として見学はお断りしています。


以 上

2697

新着おすすめ記事